婚活de八ヶ岳推進委員会について(→HP)

【縄文deえんむすびin富士見町】~五千年を超えたキセキ~11月13日(土) 縄文時代の女性・男性の役割とは?結婚とは?家族とは? 時を超えて体験してみませんか。

イベント名縄文deえんむすびin富士見町~五千年を超えたキセキ~
開催日2021年11月13日(土) 
※11月4日(木)男性事前セミナー19:30~21:00
集合場所井戸尻考古館
長野県諏訪郡富士見町7053
参加費¥4.000 
参加資格1)30代の独身男女
2)まん延防止等重点措置と緊急事態宣言が発出されている自治体からの参加は出来ません。
3)男性は富士見町在住在勤及び事前セミナー参加の方が優先されます。
定員12名(男性6名+女性6名)
催行最小人数男女各4名(定員に満たない場合は中止する場合があります)
費用に
含まれるもの
会場代、お茶おやつ代、縄文体験代 保険料、消費税
服装動きやすい靴。アウトドアな服装
申込〆切11月5日(金曜日) ※先着順ではなく抽選制です
主催富士見町結婚相談所/富士見町役場  協力:井戸尻考古館・婚活e八ヶ岳推進委員会
その他コロナの状況によってはオンライン開催になる場合もありますのであらかじめご了承下さい。

【当日スケジュール】
12:15 受付開始@井戸尻考古館
12:30 はじまりの会
13:00 体験(2時間30分)
15:30 1対1自己紹介
16:15 フリータイム(焚き火で沸かしたお湯で)
17:00 マッチング、おわりの会
18:00 終了、解散

【ご案内】
本来なら「賑やかにランチを楽しむ」という時間を設けたいのですが、コロナ感染防止の観点から、なるべく危険な時間と空間は避けようと考え、午後からのイベント(半日のイベントです!)に致しました。
昼食は各自済ませてきて下さいね。
万一オンライン開催になった場合でも開始時間は同様の時間となります。

【男性向け事前セミナー】
・時/11月4日(木)19:30~21:00
・会場/JR富士見駅前「ゲストハウス カライ」
・参加費/無料

会場の井戸尻考古館です。縄文時代の定説を覆す様々な発見とその展示物、ユニークな解説でお馴染みの小松館長が人気です♪

小松館長(ブラタモリ諏訪編では案内人として登場しました)
狩りは誰の仕事だったか、土器は誰が作っていたか、祭りとはどんな場だったっか、そして家族とは? などなど小松館長がユニークな問いを投げかけてくれます。一緒に考えてみましょう。
土器の上に紙を載せてエンピツ等でやわらかくなでていくと、文様がはっきりと浮かび上がってきます。自由な発想で色をつけてみると、当時の方々の思いや生活がより身近に感じられます。そんな遊びの時間も用意しています。

縄文時代の狩りは、主に弓矢でした。その前の石器時代は槍が主でした。ナウマンゾウを初め大型のシカなどがいたからです。縄文時代になると大型哺乳類は姿を消していき、獲物は小型のウサギやイノシシやシカになってきます。すばしっこい動物には弓矢が便利でした。参加者の皆様方にも縄文時代の弓矢体験をしてもらいます♪

貴方も私も、縄文時代を生き抜いた男性女性達がいたからこそ存在しています。まさに時間を超えたキセキです。自分の遙かなルーツに思いを寄せながら、狩りや祭りや戦いの中で、彼らはどのような婚活・結婚をしていたのか、生活と家庭と、その一生はどんな様子だったのか。
たまにはそんなことを考えて見ながらの時間を持ってみましょう。楽しい婚活になると思います。ご参加をお待ちしています。

なお、当会では「選挙割」を行っております。
この夏に富士見町でも大きな選挙がありました!
秋の総選挙(又は各地域で行われる各種選挙でもOK)に投票に行かれましたら、投票所の看板を入れてスマホで自撮りをしてください。当日その写真を見せていただければ¥500割引致します。

新型コロナウィルス感染症対策について
・上記ガイドラインに沿って万全の体制でお迎え致します。
・消毒、検温、マスク着用等にご協力をお願い致します。
・同意書の記入をお願いしています