婚活de八ヶ岳推進委員会について(→HP)

トレッキングDE婚活 櫛形山編(5/17) 実施報告

良い山だな~ぁ♪ いいコースだなぁ♪、そしてサプライズが楽しかったなぁ♪という感謝と感激と感動(*^^)v 好天にも恵まれた本番当日は、皆大満足の一日となりました。

画像

会場は伊奈ケ湖の森林科学館。静かな環境にありました。

画像

一室をお借りして朝の会を♪主催者のFM-fuji メデッタから清野さんと新津さんが挨拶をしています。あ、写真が遠くてすみません、後で大きな写真を掲載しますネ^_^;

画像

引率はアウトドアショップエルクの柳沢社長! 社長自らガイドを引き受けて下さいました♪

画像

ストレッチをしてスタートです。

画像

ごらんくださいこの青い空ヽ(^o^)丿

画像

顔を出せないのが残念ですが、皆さんの笑顔、出だしから最高潮です(^_-)

画像

今日のコースは2年ほど前に新設されたコース。昔から櫛形山はアヤメの山として登山者に大人気でしたが、南アルプスに属していながら南アルプスの眺望が見えなかったのを、見えるような斜面にコースを新設したというのがウリなのでした。

画像

展望台で柳沢さんに解説してもらっています。北岳、間ノ岳、農鳥などが眼前に。遠くに八ケ岳も見えましたヽ(^o^)丿

画像

おっと、社長が膝が痛いという参加者さんにテーピングをしています。

画像

山の話し、植物の話しはもちろん、装備の正しい装着の仕方から、靴の履き方、靴の紐のほどけない結び方、テーピンや、車酔いの処方までなんでもご存知で、山を一緒に歩いてこのくらい心強くしかも楽しい方は知りません。すべてが勉強になります。

画像

コバケイソウの森を行く。咲いたらきれいだろうなあ。
ところで、アヤメの山として人気だった櫛形山は鹿の食害などで一時は絶滅の危機に瀕していました。最近アヤメ保護の為の様々な対策が施され、徐々に復活しつつあります。ここはネットに囲われたアヤメエリアの散策歩道。木道に金網でネットが敷かれていますが、これは鹿対策ではありません

画像

このコースを造る時に職員の方がニュージーランドまで視察に行って得てきた知識の一つだそうです。木道は雨の日に滑りやすいので、金網を敷いたのだそうです。人間保護の為の網なのでした♪

画像

と、歩いているうちに、おや?向こうで煙があがっているぞ? ここはアヤメ平という所です。誰かがBBQでもしているのかな?

画像

牛さんもいる^_^; 実は私たちの為にできたてランチを食べてもらおうと集まったボランティアの方々のサプライズなのでした(^_^)v

画像

え?お金を払うんだ。いやいや、ジョークです。楽しい人たちだなあ。

画像

手際も鮮やかです。あっというまにサラダ付パスタランチが完成しました。

画像

この方が山頂レストランの支配人「三村さん」ですヽ(^o^)丿 ありがとうございました。

画像

実際に甲府で人気レストラン「ナチュラルグレース」を経営されている社長さんです。今日は社長さんが二人も婚活プログラムに関係してくださっている(^_^)v あ、もう一方、吉野聡建築設計室の吉野社長さんも、ナチュラルグレースの山頂レストラン応援隊として来て下さいました。それから、紹介しちゃいますと、冬季オリンピックスノーボード日本代表候補の小林君、鈴木君という若きイケメンアスリートも応援隊の中に!(@_@;) いやはや豪華な山頂ランチでした。

画像

あ、ついでに(?)FM-fujiの清野さん(前列男性)と新津さん(前列女性)の顔もアップしとかないと^^; 後ろは当会のMC愛ちゃんと、エルクの柳沢社長です。

画像

すみませんね、ブログの性質上参加者さんの顔が出せないので関係者の紹介ばかりしています<(_ _)>

画像

食後のミルクティーも美味しかった。

画像

段取りの良さというか手際の良さというか、「時間がないので」と言った瞬間にでてきたミルクティーにはびっくり。

画像

一同右向け右!山頂レストランの皆さんにお礼を述べて、出発いたしました。もう満腹です。

画像

午後のコーススタートしてほどなく、このコースを象徴する巨木に出会いました。天然カラマツです。16人で一周できました。あ、手はかなり緩く繋いでます^^;

画像

そして、櫛形山山頂です 本やネットでは標高2052mと書いてありますが、森林科学館の方によると、標高は2053.5Mのハズということです。

画像

標高には様々な意見(異論)があるようでです。山頂には二本標柱があって、一本には2052Mとあります。もう一本には漢数字で二〇五三.五と書いてあったハズなのですが最後の五と、三の数字の一番下の横棒を一本削り取ってむりやり二〇五二にした形跡があります。少し行った地点に三角柱があります。皆で足(靴)の記念写真を撮ったところです。こちらが櫛形山の奥仙重という最高峰である、という説もあるようです。ここが2053.5だという説もあります。いや、こちらが2052mだという説もあってよく分かりません。

画像

両方ともピークらしくないピークではあります。ま、それはともかく、どんどん下山していきます。

画像

途中富士山がよく見える場所にきました。参加者は全員山梨県人なハズですが、やっぱり富士山が見えると嬉しいのですね♪

画像

上の写真の丁度ど真ん中に、画面奥から手前に一本の道路のような筋が見えるのが分かりますか?縦に一直線にコチラに向ってくるように見える筋は建設中のリニアの線路です。エコパークにも選ばれた南アルプスの山中をトンネルで潜って名古屋へと向かうようです。地下水脈の流れとか、掘り出された土砂の行方とか、環境問題だけをとっても何も解決されていません。そういうモノが「エコパーク」を貫くのです。

画像

今日は婚活なので、あまり難しいことは言いっこなし<(_ _)> 楽しく歩いておりてきました。

画像

のんびりゆっくり歩いたので周遊コースを6時間30分楽しめました。おつかれさま~♪

画像

楽しかった山行の話しで盛り上がっております。が、そろそろマッチングタイムです。

画像

まずは、本日のベストコーディネート賞に選ばれた男女各一名のご紹介。

画像
画像

初夏のトレッキングにふさわしい爽やかで軽快な印象がグー♪ですね。今日は皆さん素敵でしたが特に女性軍が皆さん山ガールの着こなしが見事でした。ほんとに近年山が華やかになってきましたね♪。さあ、ドキドキのマッチングたいむですが、本日も「〇付方式」でなんと8組の誕生です。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

おめでとうございます。8組の方々。といってもこれからが婚活は本番です。お二人で会ってみて、しっかりと相性を見極め、3ケ月くらいの期間で、又は3回程度のデートで、お友達としての付きあいか、結婚を前提としての付きあいかを、おきめください。せっかくマッチングされてもお互いに忙しいという理由で一度もお会いしないで自然消滅、というパターンを何度も聞きます。まずはお会いしないことには始まりません。私たちは「婚活プログラム」を開催し、なるべく多くのマッチングカップルを造ることで、一件落着しますが、皆様方の「婚活プログラム」はマッチングされた時から始まります。真剣に「会う約束」をしてください。「会って話す」ことがなければ結婚にまでたどり着けません。仕事が忙しいなんて言い訳は無用です。せっかく婚活プログラムに参加してみようと思い立ち、実際に参加して下さった皆様方なのですから、もう一歩進んで、自分の将来について、何が優先事項なのか、を真剣に考えて行動を起こしてください。皆様方のお幸せを心よりお祈りしております。

画像

それにしても今日はいつにもまして和気あいあいで、「このままこのグループ全員で何かサークルをつくっちゃいましょう」という参加者さんの声もでたくらいでした。解散しても去りがたく、スマホで連絡先を交換する光景があちこちに続出♪ 素晴らしい。友人は異性同性関わらず多い方が人生楽しいですね。そこから何かが生まれるかもしれません。どうか皆さま、友人、相方、に恵まれた素敵な人生を送ってください。

画像

と、名残を惜しんでいたら、ひゃ~19:00だ(@_@;) すみません、南アルプス森林科学館は本来17:00閉館なのです!!ご厚意でこんな時間まで使用させていただきました。反省と御礼とを申し上げたいと思います<(_ _)>ありがとうございました。また、ナチュラルグレース・山頂パスタ隊の皆さんにも深く御礼を申し上げたいと思います。

画像
画像
画像

こんな沢山のものを担ぎ上げて下さったのですね!浦山さ~ん、ありがと~♪ 今日8組もカップルが誕生したのはきっとランチパワーのおかげだと思います。ラッキーパスタと名付けました。機会がありましたらまた是非お願い致します(^_^)v
そして、本日のガイド役をして下さったアウトドアショップエルクの柳沢社長にあらためて御礼を申し上げます。何気なくさりげなく気を配っていただく姿勢と技量に感激しっぱなしでした。ありがとうございました。FM-fujiメデッタの清野さんと新津さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。とっても楽しいプログラムとなりましたね。また一緒に何かやりましょう。
では、全ての皆様、有難うございました&お幸せに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です