婚活de八ヶ岳推進委員会について(→HP)

八ヶ岳スタイルde婚活in北杜市(3/16) ~楽しき縄文スローライフ体験~実施報告

「星降る中部高地の縄文世界」として日本遺産に登録された八ヶ岳周辺の13市町村に広がる縄文遺跡。その中でも最も新しく発掘された「梅之木遺跡」には、約5.000年前、縄文中期に当たる約500年間の暮らしの跡がありました。今回はその時代を再体験してみるプログラム。楽しみですね。
「新宿からのバス往復がFREE For Ladies」としましたので、朝7:30に新宿駅西口に迎えに行きました。
9:45、北杜市に到着すると、今回の主催者の北杜市の職員の方々と結婚相談員の方々が大勢で迎えてくれました♪
いつものように「ノルウエ~」で始まります(^_^)v
さっそく梅之木遺跡に出向き、名物学芸員「縄文の貴公子」佐野さんにいろいろとお話をうかがいます。
雨又は雪という天気予報を覆し、今日は「縄文晴れ」とでも呼びたい上天気。4つのグループに分かれて様々な作業をします
まずは火を起こすための薪を作りましょう。
今日は文明の利器を使わせてもらいましたが、ここ梅之木遺跡に再現された竪穴式住居は、すべて当時の道具(石斧など)で再現し、釘なども使っておりません。
ここでも文明の利器を使っていますが、それでも慣れないとなかなかの重労働です。
ここで佐野さんが石斧を使ってデモンストレーション。石斧で木を切り倒す様子を再現して戴きました。皆で代わる代わる石斧をふるって見ましたが、とても根気のいる作業だと想像出来ました。
石で石を削ったり磨いたりしながら約一週間かけて作った石の刃を、丁度よく二股になった木の枝や幹を探して、そこにくくりつけて使います。そうやって完成させた「マイ石斧」は男にとって命のようなもので、他の男や自分の妻にも使わせなかっただろう、と佐野さんは想像します。
いきなり古民家の玄関の写真ですが、はやくもランチタイムです。草至庵という築200年の建物を利用したお蕎麦やさんです。縄文時代にも蕎麦は「蕎麦の実」として食されていたそうです。
私達は現代の蕎麦を戴きますが、前菜の凄いこと!! 烏骨鶏の卵を使った卵焼き、かきあげ、豚の角煮、山菜や根菜の漬物などなど♪
器も美しく、まるでお正月料理のようなしつらえに食欲もUP(^_^)v
コタツが嬉しい食卓でした♪ 話しも弾みます。
これも烏骨鶏の卵を使った手作りのカステラと、右は草餅。こんなデザートまでついてお腹いっぱい。(あ、肝心の蕎麦を撮るの忘れた^^;)
さあ、午後の縄文体験も楽しむぞ。少し風が出てきました。先ほどの薪を使って焚火をしましょう。
当時の火起こし器を再現してみましたが、なかなかうまくいきません。(が、とりあえず火が起きたこととして・・・)
黒曜石で鹿肉を切っています。
やってみて分かったことは、黒曜石もナイフ状に整えてから使うのですが、この上手下手でナイフとしての切れ味が違ってきます。石斧もそうですが、「道具を作る」ところから始める生活は、便利な生活に慣れている現代人にはまるで「巧み達の集団」のように見えてきました。創意と工夫と経験がとっても大切だったろうと思われました。
さあ、鹿肉を焼いて食べましょう♪ これも、現代風に「焼き網」などを使っていますが、当時はどのように焼いていたのでしょうか。細い枝などに串刺しして焼いたのかな? 丸ごと焼いて、黒曜石のナイフで削ぎながら食べたのかな?
そして不思議なのは、竪穴式住居の真上にある天井の窓と囲炉裏の位置の関係。必ずしも囲炉裏の真上に穴があるのではないのです。縄文の前期から中期後期と進んでくるに従って、囲炉裏は建物の奥の方に移動していった形跡があるのだそうです。ここでも詳しい解説がありましたが、スペースがないので詳しくは佐野さんにお聞き下さい。
地産地消ならぬ「自産自消」の暮らしを十分想像できた一日でした。助け合わないととても生きていけないことも実感できました
おやつの時間です。なにを食べているかというと・・・
お汁粉です。ヤブツルアズキという小豆の原種を使ったお汁粉を結婚相談員の方々が作って待っていてくれました。と~っても美味しかったです。
そして、はやくもマッチングタイム。本当に一日なんてあっという間ですね。
本日は4組のマッチング。皆様、これからですよ。お互いはまだ他人ですからネ(^_-) 丁寧に礼節をもって連絡し合って下さい。
そして上の2枚の写真は、本日のベストコーデネート賞です。たまたま男女とも2名ずつだったので、何故か同性同士のマッチング写真のようになりました。
という一日。ご参加の皆様、有り難うございました。スタッフの方々もお疲れ様でした。(株)タビゼンさん、茅が岳観光バスの皆様にもお世話になりました。とっても楽しい一日となりました。本日のファシリテーターはゆかこさんでした。縄文第二弾をやりたいですね。

【参考】 参加者アンケート (しばらくお待ち下さい)