婚活de八ヶ岳推進委員会について(→HP)

日向山登山DE婚活実施報告

6/11日(土) 白州町の名水公園べるが主催の登山DE婚活が行われました。が、

画像

夜来の雨で登山道が危険であることや、未だ小雨が残っていて、山頂からの眺めも期待できないこと等から、急遽プログラムを変更。せっかく山好きの方々が集まって下さったのに、残念なことになってしまいました。

画像

しかしそこは大人のアウトドアレディズ&ジェントルマン。MC愛ちゃんの得意ワザ「森遊び」をしっかり楽しんでくれました。上の写真は森の空中回廊です。鳥やリスなどの視線で森を見ることが出来ます。
↓この写真は森のゲームの一つ。

画像

真ん中の植物はゲームで拾ってきたどんぐりです。地中のどんぐりが、芽と根を出したところです。その後、雨の森の中で俳句(らしきもの)を作ったり、絵手紙のようなものを作ったりと、愛ちゃんのバッグの中からは次々に小道具が飛び出し、いとも簡単に皆をその気にさせ、その世界で遊ばせてしまい、楽しんでいるうちに、あっというまにランチタイム。
豪華BBQでお昼です。

画像

午前中あんまり体を動かさなかったハズなのに、皆さんの食欲はスゴイですねぇ(^_^)v ちゃんと隣の人としゃべりましたか!?

画像

ヤキソバまですっかりきれいに完食して、もう動けませ~~ん状態となりました。
ここで雨があがってきたので、待ってましたとばかり外に飛び出しました。満腹のおなかもなんとか消化しないといけません。雨に濡れてひときわ瑞々しい森の中を行くと

画像

立派な神社に出ました。神社の前に小さなお堂が・・・。この方はなにやら熱心においのりしておりますが・・・

画像

神社の左上の張り紙をUPにしてみましたら

画像

お~~♪ 縁結びと子宝が叶うのです♪♪♪
婚活プログラにはうってつけの、と申しますか、ちょっと気の早いオネガイかな。縁は無かったけど子宝には恵まれた(^^ゞなんてことになったらどうしてくれるのでありましょう。
なんていうヘンな心配はともかく、今日のハイキングはここからがヤマ場なのです

画像

山奥でよく見かける立派なつり橋が、ここにもありました。緑の中に吸い込まれていってしまいそう・・。ズンズン歩を進めるとやがて前方に

画像

立派な滝が見えてまいりました。千ケ淵というのです。雨後なので水量が豊富、音も豪快です。
ここでしばし時間をとって、写真を撮ったりして遊びました。

画像

雨はすっかりあがった様子。「いや~残念だったなあ朝から晴れてくれれば」という声もありましたが「滝好きの私としては思いがけず来られて今日は良かった」という声もあり、こういう日は主催者もやきもきします。
ましかし、皆さんそれなりに楽しまれておられました。帰路もつり橋を渡ります

画像

お~い、元気ですかぁ~

画像

このつり橋は一度に5人以上渡ってはいけません。
先ほどの神社に帰ってきました

画像

パワースポットとしてもおなじみのここは竹宇駒ケ岳神社です。甲斐駒ケ岳への登山口として賑わった昔があります。甲斐駒ケ岳開山は、小尾権三郎(弘幡大人・開山威力不動尊等の尊称アリ)という方だとされておりますが、その方の石碑が文字通り威を正して直立しておりました。何かオゴソカナ気配が漂っております。

画像

もう一度皆で神社におまいりして帰ってきました

画像

上は、名水公園べるがの入り口です。かきつばたがキレイです。
さて、いよいよカップリング大会となるのですが、さすがパワースポットです、そして「縁結び」です。本日は当婚活DE八ヶ岳推進委員会始まって以来のカップルが誕生しました\(~o~)/
まずはこの方々

画像

そしてこのお二人

画像

さらにこの方々も

画像

最後にこのお二人

画像

いや~、どうです霊験あらたかなこと。
嬉しいですね~~♪♪♪
4組のカップル誕生というのはホントに初めてですよ当会では。雨にたたられて山に登らなかった分、自己紹介タイムやらお互いを良く知るゲームの時間をたっぷりとれて、それが良かったのだろうか。だとすれば皆様には文字通り「恵みの雨」でしたね。おめでとうございます。そしてカップルになれなかった方々も名刺を交換したりして、本日も和気藹々とそして楽しい一日の大団円を迎えたのでした。皆様、本日はご参加ありがとうございます、そしてお疲れ様でした。10月にも日向山登山DE婚活があります。どうしても山に登らなきゃ、という方は是非ご参加下さい。今日のリベンジいたしましょう♪

1 Comment

中の外あそび・ウォーキング&スノーシューブログ

6/11日向山へは登らなかったけれど・・・

本日は『名水の里べるが』のKKTイベント(わかる人にはわかるよね・・・)にお手伝い 参加させていただきました。当初は日向山登山の予定でしたが、夜半の雨が激しかったのと山頂からの眺望が望めないとのことで、イケイケ主催者の適正な判断により登山は残念ながら中止。でもべるがの森を使った楽しいプログラムとなりました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です